たけしのブログ

伸う伸うと生きる

カントースパイク 最終26位

#カントースパイク

 

#最終順位

26位/82人

8-7(レート1514)

 

#ルール

カントー地方ポケモンのみ使用(リージョンフォルム可 例-Aガラガラ)

ダイマ禁止

 

#考察

・tier1[カイリューパルシェンカビゴン、ピクシー]

 

#構築意図

・速いポケモンで殴り勝つ

・詰まされないようにする

 

#採用順

1- 広い技範囲+神速で多くのポケモン対面から強く、威嚇+朝の日差しでサイクルも回せる珠ウインディ

2- 特殊、物理のクッションかつ、欠伸による対面操作、ステルスロックによるサイクル補助と強い役割が持てる、残飯カビゴン、輝石サイドン

3- 特殊方面のアタッカーとして強そうなサンダー

4- ドラゴンの一貫を切らざるを得ない環境で、最も強そうなフェアリー枠として襷Aキュウコン

5- パルシェンに強く、天然ピクシー等の詰ませポケモンに対して黒い霧により動きを阻害できるニョロボン

 

#個体紹介

 

ウインディ@命の珠

特性-威嚇

性格-意地っ張り

実数値(努)-179(108)-176(236)-101(4)-x-101(4)-135(156)

技構成-フレアドライブ じゃれつく 神速 朝の日差し

 

S- 準速ギャラドス抜き抜き、適当に速いGファイヤー抜かれ

 

全体のパワーと素早さラインが落ちると毎回強く見えるポケモンフレアドライブの反動、命の珠の反動などが想定以上に痛く、動き辛く立ち回りの幅を狭めており、威嚇+朝の日差しによるサイクル補助の役割もあまりできなかった。木炭等を持たせた方が良かったかもしれない。もしくは、朝の日差しを切って、アタッカーとしての役割を強くする方が良かったかも。

 

カビゴン@食べ残し

特性-厚い脂肪

性格-腕白

実数値(努)-257(172)-130()-128(252)-x-141(84)-50()

技構成-冷凍パンチ ヘビーボンバー DDラリアット 欠伸

 

H- 16n+1

 

クッション役。


サイドン@進化の輝石

特性-石頭

性格-腕白

実数値(努)-211(244)-150(4)-176(156)-x-79(108)-60()

技構成-ロックブラスト 地震 つのドリル ステルスロック

 

サンダー等に対して地面の一貫を切る必要枠。受け出しからステルスロックを撒き、適当なクッションになってくれればいいと思い採用した。

 

サンダー@突撃チョッキ

特性-静電気

性格-臆病

実数値(努)-175(76)-x-105()-177(252)-110()-157(180)

技構成-ボルトチェンジ 10万ボルト 暴風 熱風

 

強い特殊枠として採用。拘りアイテムを採用したかったが、地面枠のサイドン、ガラガラ等に対して隙を見せすぎるので、仕方なく突撃チョッキを持たせた。そこそこ強かったが、本当にそこそこ止まりだった。

 

Aキュウコン@気合の襷

特性-雪降らし

性格-臆病

実数値(努)-149(4)-x-95()-133(252)-120()-177(252)

技構成-吹雪 ムーンフォース オーロラベール 悪巧み

 

ドラゴンの一貫を切る枠。使い方がわからなかったが、刺さりはそこそこだったと思う。フリーズドライを遺伝させられなかったので、悪巧みを採用。


ニョロボン@オボンの実

特性-貯水

性格-意地っ張り

実数値(努)-197(252)-154(196)-115()-x-110()-98(60)

技構成-アクアブレイク ドレインパンチ 岩石封じ 黒い霧

 

S- ラプラス意識

 

非常に強かった。天然ピクシーに詰まされるの嫌がって黒い霧を採用し、見事に刺さった。その他、構築単位で重いパルシェンのメインウェポンである氷技、岩技を半減で受けられるので、後投げから余裕で処理できるのが強かった。そこそこの耐久と火力で幅広い敵と撃ち合っていけるため、メタ寄りの採用だったが選出の汎用性が広く、中々良いポケモンを開拓できたと思う。

 

#感想

構築自体は強くも弱くもない感じではあったが、見返してみたらパワーは低かったかもしれない。また、アイテムの選択をもう少し自分なりに明確な根拠を持つべきだと思う。詰めていくべきだった。気合の襷を全く上手く使えてない。襷を上手に使うことをしばらくの課題にしたい。

 

 

主催者さん、対戦していただいた方々、ありがとうございました~。

 

{AMADEUSタイプ統一TAGFORCE} 最終70位

f:id:takeshi3304:20220213232940j:plain

 

#AMADEUSタイプ統一TAG FORCE

 

#最終順位

70位 / 111人

 

#ルール

 

・タイプ統一パであること

・タッグを組む人とのポケモン被りなし

・準伝説、UB使用不可

リベロエースバーン、ミミッキュ使用不可

 

 

#考察

 

・タイプ統一という構築上、対面的な動きが多そう

・パワーの高いタイプ統一(ドラゴン、飛行、水)が多そう

・行動保障を作れる「気合の襷」が強い

 

#構築意図

 

・「水、氷、草」の弱点のうち、「水」以外のタイプはそこまでパワーがなく使用率も高くなさそう

・上記のタイプ以外のほとんどに、五分以上の戦いができそう

上記の2点より、「地面タイプ」統一を使用

・弱点を突かれる統一(水、氷、草)に対しては、対面的な動きで処理するルートを用意

・その他のタイプには、「ステロ欠伸」を絡めてサイクル展開を作る

 

 

#採用順

 

  1. 地面タイプの中で、最もパワーを出せそう、かつ速さも兼ね備えた「砂掻きドリュウズ
  2. 「砂掻きドリュウズ」の速さを補いつつ、「気合の襷」に頼るポケモンの行動保障を潰して展開できそうな「カバルドン
  3. カバルドン」と合わせて「欠伸ループ」を形成しつつ、弱点の少なさを活かして特殊方面のクッションになれる「HDトリトドン
  4. 「水タイプ」に対して、「ドリュウズ」展開ができないときに出せる「達人の帯ガマゲロゲ
  5. 単体で出しても強そうな「ガブリアス」「襷ニドキング

 

 

#個体紹介

 

f:id:takeshi3304:20211202180631p:plainカバルドン@リンドの実

特性-砂起こし

性格-腕白

実数値(努)-215(252)-132()-187(252)-x-x93()-67()

技構成-岩石封じ 欠伸 ステルスロック 怠ける

 

構築の軸。「気合の襷」を採用してるポケモンがいつにも増して多そうだったので潰しつつ、水、氷、草タイプ(以降不利タイプとする)以外のポケモンには後述する「HDトリトドン」と合わせて「ステロ欠伸」の展開を作りつつ、サイクルを回せそうなので、よくある型で採用。「リンドの実」は、草が一貫しているので強引にタイプ不一致「ダイソウゲン」で処理してくる動きに対して、確実に最低限の役割をこなしつつ、後述する「珠ドリュウズ」で制圧していけるようにするため。

不利タイプ以外には、容易な突破を許さないため、「吹き飛ばし」よりも「怠ける」で欠伸の回数を増やし、サイクルを疲弊させる方が強いと思い「怠ける」を採用した。その関係上、起点にならないよう、「岩石封じ」を採用。

 

 

f:id:takeshi3304:20220213231653p:plainドリュウズ@命の珠

特性-砂掻き

性格-意地っ張り

実数値(努)-185()-187(116)-80()-x-103(140)-140(252)

技構成-地震 アイアンヘッド ロックブラスト 剣の舞

 

今環境において、おそらく最も両立したパワーと速さをもっているのではないかと思った。特別述べることのない普通の「珠ドリュウズ」。Dにこれだけ振っているのは、流用個体なため、特に深い意味はない。


f:id:takeshi3304:20220213233226p:plainトリトドン@食べ残し

特性-呼び水

性格-穏やか

実数値(努)-217(244)-x-90(12)-147(252)-59()

技構成-大地の力 冷凍ビーム 欠伸 自己再生

 

不利タイプ以外の構築には、先述した「HBカバルドン」と合わせて選出し、「ステロ欠伸」展開を形成して相手を疲弊させる。その他単体で選出しても強い特殊受け。想像以上に草技持ちのポケモンが多く、思っていた半分以下の力しか出せなかったが、調整と技構成は、間違っていなかったと思う。対面的な使い方もできる「カウンターorミラーコート」を採用しても面白かったかもしれない。

 

f:id:takeshi3304:20210302040723p:plainガマゲロゲ@達人の帯

特性-すいすい

性格-臆病

実数値(努)-181(4)-x-95()-137(252)-95()-138(252)

技構成-ハイドロポンプ 大地の力 草結び ヘドロウェーブ

 

「珠ドリュウズ」が出せない構築である「水タイプ」と、「地面タイプ」に投げるダイマ枠の駒。「貯水ガマゲロゲ」は禁伝シーズンで重用していたが、「すいすいガマゲロゲ」は初めて採用した。思った以上にパワーがなく、確実に間違っていた。このポケモンは強化アイテムをもった「ダイストリーム」による制圧力によってはじめて強いといえるポケモンであって、今回のような中途半端使い方では弱すぎた。

 

f:id:takeshi3304:20220213233304p:plainガブリアス@オボンの実

特性-鮫肌

性格-臆病

実数値(努)-207(188)-159(68)-115()-x-105()-169(252)

技構成-地震 スケイルショット 岩雪崩 剣の舞

 

構築単位で重い「ウオノラゴン」に対して、「襷orスカーフ」の採用せずに対面処理できる駒として採用。選出回数1。多分弱い。

 

f:id:takeshi3304:20220213233320p:plainニドキング@気合の襷

特性-力ずく

性格-臆病

実数値(努)-157(4)-x-97()-137(252)-95()-150(252)

技構成-ヘドロウェーブ 大地の力 火炎放射 冷凍ビーム

 

環境に「草タイプ」はいないと思ったが、万が一いたときように強そうな駒。その他強烈に刺さっていれば選出しようと思っていた。が、実際はほとんど選出しなかった。「力ずく」の補正が乗るとはいえ、思った以上に火力がなく、難しいポケモンだった。見た目が好きなので、使う機会があって良かった。

 

 

#感想

 

多そうなタイプ予想とはだいぶ異なり、不利タイプである「水、氷」タイプに多くマッチングした。「氷」タイプに関しては、有効急所の運負け等はあったものの、想定通りの動きはできていたので、構築段階では間違っていなかったが、「水タイプ」に関しては本当に手も足も出なかった。不利タイプ以外の構築に関しては、「欠伸ステロ」展開が綺麗に決まることは多くないものの、最低限の動きはできていたと思うが、想定以上に草技持ちが多く、疲弊させきれない構築が多かった。普段からサイクル構築を使い、今回も基本的にはタイプ統一といえどサイクルを回そうと思っていたが、やはり一貫がすでにできている構築では難易度が高かったかもしれない。地面統一における「水タイプ」への解答はないように思えるが、今後またタイプ統一大会の機会があれば、模索してみたいと思う。今回は軸以外のポケモンに対しての調査が甘く、自分の構築段階の不備が多かった。また、サイクル戦であれば、一度不利な展開になっても捲れる可能性は十分にあるが、対面的な構築になると、それがかなり難しく、サイクル構築の強み弱み、対面構築の強み弱み、それぞれを再確認できた楽しい大会であった。

 

 

主催者さん、対戦していただいた方々、そしてタッグを組んでくださったnao様、本当にありがとうございました~。

 

「スポンジch1周年記念」 最終

 

 

f:id:takeshi3304:20220213232332j:plain


#スポンジch1周年記念

 

#最終順位

位/人

 

#ルール

・「原種サンダー、ゴリランダー」禁止

・「水タイプ」のポケモンを構築に2体以上入れる(選出は自由)

 

#考察

・tier1[水タイプ=水ウーラオス]

・「電気タイプ」の増加

 

#構築意図

・「水タイプ」に強く出られる軸は勿論、「水タイプ」の増加による「電気タイプ」にも強い軸が必要

 

 

#採用順

  1. 上記の構築意図より、「スカーフ霊獣ボルトロス
  2. 「霊獣ボルトロス」の受け出してきた「地面タイプ」に対して後投げから負荷をかけられる「珠水ウーラオス」、起点にできる「残飯ブリザポス」
  3. 特殊方面、物理方面の明確な受け兼高火力で負荷をかけられる「パワフルハーブウツロイド」、「鉢巻ナットレイ
  4. 「水タイプ」縛りの中で唯一強そうなBOXにいた「カゴの実ギャラドス

 

#個体紹介


f:id:takeshi3304:20220213232404p:plain霊獣ボルトロス@拘りスカーフ

特性-蓄電

性格-臆病

実数値(努)-155(4)-x-90()-197(252)-100()-168(252)

技構成-ボルトチェンジ 10万ボルト 草結び ヘドロウェーブ

 

思った以上に弱かった。明確にメタのメタとして対策されていたが、そこに対してあまりにも無力で、テンポを取られすぎていた。


f:id:takeshi3304:20220213232427j:plain水ウーラオス@命の珠

特性-不可視の拳

性格-陽気

実数値(努)-175()-182(252)-121(4)-x-80()-163(252)

技構成-水流連打 インファイト 燕返し 雷パンチ

 

弱かった。


f:id:takeshi3304:20220213232531p:plainブリザポス@食べ残し

特性-白の嘶き

性格-腕白

実数値(努)-207(252)-166(4)-192(196)-x-131(4)-57(52)

技構成-氷柱針 ボディプレス 鉄壁 身代わり

 

自信を持って練ったポケモンだったが、微妙すぎた。


f:id:takeshi3304:20220213232554p:plainウツロイド@パワハルハーブ

特性-ビーストブースト

性格-臆病

実数値(努)-185()-x-77(76)-169(172)-152(4)-170(252)

技構成-メテオビーム ヘドロ爆弾 草結び ステルスロック

 

選出回数0。

 

f:id:takeshi3304:20211202180622p:plainナットレイ@拘り鉢巻

特性-鉄の棘

性格-勇敢

実数値(努)-181(252)-160(252)-152(4)-x-136()-22()

技構成-ジャイロボール タネマシンガン ボディプレス ステルスロック

選出回数0。

 

f:id:takeshi3304:20210201214612p:plainギャラドス@カゴの実

特性-威嚇

性格-腕白

実数値(努)-191(164)-145()-143(244)-x-120()-114(100)

技構成-滝登り 飛び跳ねる 竜の舞 眠る

 

選出回数0。

 

#感想

組んだ段階では割と楽しみな構築だったが、思いのほか弱く、後半の適当なプレイングもあり、酷い勝率だった。他の仲間大会と違い、参加者のレベルがそこそこ高かった影響もあったかもしれないが、それを差し引いても弱かった。

 

主催者さん、対戦していただいた方々、ありがとうございました~。

「ガラルユナイト the 3rd」最終

 

f:id:takeshi3304:20220213231208j:plain


#ガラルユナイトthe3rd

 

#最終順位

位/人

 

#ルール

・S9(禁伝なし)ルール

・サンダー、エースバーン、ミミッキュポリゴン2、カプレヒレ、ドラパルト、カイリュー、霊獣ランドロス、悪水ウーラオス禁止

 

#考察

テッカグヤの多様な型に対応する

 

#構築意図

・「アタッカー型、やどみが型テッカグヤ」それぞれに対応できるポケモンを用意する

 

#採用順

  1. テッカグヤ」の様々な型に対応できそうな「残飯レイスポス」
  2. その他適当

 

#個体紹介

 

f:id:takeshi3304:20210614092906j:plainレイスポス@食べ残し

特性-黒の嘶き

性格-臆病

実数値(努)-207(252)-x-89(68)-165()-100()-191(188)

技構成-シャドーボール 鬼火

身代わり 瞑想

 

S-最速+1テッカグヤ意識でアーゴヨン抜き

 

テッカグヤ」が猛威を奮うのは予想でき、アタッカー型を予想して受け型だった場合や、その逆だった場合などに、相手にテンポを握られてしまう。そのため、どちらの「テッカグヤ」にもある程度の対応ができるポケモンを探していたら辿り着いた。どの型の「テッカグヤ」に対しても、身代わりから入ることができる。「レイスポス」は、火力が高いので、相手視点、悠長な行動は取れない。アタッカー型ならダイマを切るケースが多いだろうし、やどみが型なら「宿木の種」から入らざるを得ないと思い、どちらにも対応できるようにした。その後は、前者なら「身代わり」連打でダイマを枯らし、裏の高火力ポケモンダイマで負荷をかけていけるし、後者なら「身代わり」を盾に、瞑想で起点にできる。また、「テッカグヤ」以外のポケモンに対して、ウオノラゴンを除けば、対面で圧倒的に出し負けることがないので、とりあえず初手に出せるのが強かった。それに加え、「ポリゴン2」がいないこの環境では、止めるポケモンがいなかったので、「シャドーボール」のゴースト打点のみでも困らないのが良かった。

 

f:id:takeshi3304:20210614092937p:plainドヒドイデ@黒いヘドロ

特性-再生力

性格-図太い

実数値(努)-157(252)-x-220(220)-73()-167(36)-55()

技構成-熱湯 毒毒 トーチカ 自己再生

 

「ウオノラゴン」を初めとする様々なポケモンに対する物理受け。あまり選出した記憶はない。


f:id:takeshi3304:20220213231451p:plainボーマンダ@命の珠

特性-威嚇

性格-無邪気

実数値(努)-171(4)-187(252)-101(4)-134(28)-90()-162(220)

技構成-ダブルウイング 逆鱗 大文字 地震

 

C-「HD特化ナットレイ」意識

 

「レイスポス」でなんやかんやした後、ダイマを切って強く、「威嚇」のおかげで色々な立ち回りを取れるのが強かった。数値が高いとはいえ、「竜の舞」をする余裕はないと思ったため、フルアタ構成にしたが、非常に良かった。


f:id:takeshi3304:20220213231509p:plainジバコイル@突撃チョッキ

特性-アナライズ

性格-控えめ

実数値(努)-177(252)-x-135()-183(132)-126(124)-80()

技構成-ボルトチェンジ 放電 ラスターカノン ミラーコート

 

特殊テッカグヤに対して滅法強く出れる駒。タイプも特性も数値も技も優秀で好きなポケモンだが、あまり選出できなかった。

 

f:id:takeshi3304:20211202180631p:plainカバルドン@オボンの実

特性-砂起こし

性格-腕白

実数値(努)-215(252)-132()-187(252)-x-x93()-67()

技構成-地震 欠伸 ステルスロック 吠える

 

雑に使って強いが、このポケモンの使い方をもっと極めたい。

 


f:id:takeshi3304:20220213231653p:plainドリュウズ@弱点保険

特性-砂掻き

性格-意地っ張り

実数値(努)-185()-187(116)-80()-x-103(140)-140(252)

技構成-地震 アイアンヘッド ロックブラスト 剣の舞

 

入れるポケモンがいなかったので適当に入れた。選出しなかった。

 

#感想

軸である「レイスポス」「ボーマンダ」「カバルドン」の選出がほとんどで、自分の立ち回りミスが多すぎたが、それを除けば幅広く勝ちを拾っていける構築ではあったと思う。勝率は良くなかったが、やるべき方向性は間違ってなかった。

 

主催者さん、対戦していただいた方々、ありがとうございました~。

種族値500未満縛り杯 最終9位

 

 

f:id:takeshi3304:20220213222449j:plain


#種族値500未満縛り杯

 

#最終順位

9位/ 44人

 

#ルール

種族値500未満のポケモンのみ

 

#考察

tier1[ミミッキュアイアント、アーマーガア、ナットレイホルードドヒドイデ、ラッキー]

 

#構築意図

 

・引き先を用意しづらいポケモンミミッキュアイアントホルード」に対して、圧倒的不利な対面を作らない

ダイマを簡単にいなされそうなポケモン「アーマーガア、ナットレイドヒドイデ、ラッキー」に対して、展開を握られないようにする

 

#採用順

 

  1. 先述したtier1ポケモンの、「鉄壁or挑発アーマーガア」と「鉄壁ナットレイ」以外に対して、立ち回り次第で起点にできる「弱点保険アーマーガア」
  2. タイプが優秀なため、適当に引き先になれそうな「ナットレイ
  3. 特殊方面に雑に強く、ダイマの使い方次第では詰めの駒にもなれそうな「突撃チョッキマリルリ
  4. 相手の受け駒に対して、後投げから高火力で負荷をかけていけ、定数ダメージムーブも阻害できる「珠ランクルス
  5. なんとなく使いたかった「輝石レアコイル
  6. 「襷ホルード」が用意できず、ボックスにいた種族値500未満で一番強そうだった「襷シザリガー

で完成

 

#個体紹介

 

f:id:takeshi3304:20220213222735p:plainアーマーガア@弱点保険

特性-ミラーアーマー

性格-意地っ張り

実数値(努)-205 (252)-118(4)-125()-x-105()-119(252)

技構成-ブレイブバード ビルドアップ 身代わり 羽休め

 

A-+2「ダイジェット」で「アイアント」を確1

 

ミミッキュ」に対しては、「ビルドアップ」、「アイアント」や「ホルード」に対しては、「ダイジェット」、受け駒に対しては、「身代わり」から入ることで、tier1であろうポケモンの全てに対応できると予想したポケモン。実際その動きは遂行できていたので、軸としては間違っていなかったが、相手の「アーマーガア」に対して、こちらが構築単位で弱かったために、難しいプレイングを強いられてしまった。この環境の型としては、「弱保アーマーガア」非常に素晴らしかった。

 

f:id:takeshi3304:20211202180622p:plainナットレイ@拘り鉢巻

特性-鉄の棘

性格-勇敢

実数値(努)-181(252)-160(252)-152()-x-136()-22()

技構成-ジャイロボール タネマシンガン ボディプレス ステルスロック

 

適当に入れたら強そうだったので、入れたが間違いなく弱く、そもそも刺さりが悪すぎて選出できなかった。

 

f:id:takeshi3304:20220213223157p:plainマリルリ@突撃チョッキ

特性-力持ち

性格-意地っ張り

実数値(努)-207(252)-112(252)-101(4)-x-100()-70()

技構成-アクアジェット アクアブレイク じゃれつく 馬鹿力

 

種族値に縛りがある本大会において、「力持ち」、「化けの皮」、「はりきり」などで、実質的に種族値が500を超えるであろうポケモンは活躍しうるのは当たり前だった。自分がダイマ択にうまく対応できず、本来のできる実力をだいぶ発揮できなかったポケモン


f:id:takeshi3304:20220213223240p:plainランクルス@命の珠

特性-マジックガード

性格-控えめ

実数値(努)-217(252)-x-96(4)-194(252)-105()-50()

技構成-サイコショック エナジーボール 瞑想 自己再生

 

選出の仕方がわからなかった。


f:id:takeshi3304:20220213223305p:plainレアコイル@進化の輝石

特性-アナライズ

性格-控えめ

実数値(努)-149(188)-x-115()-189(252)-90()-99(68)

技構成-ボルトチェンジ 放電 ラスターカノン 守る

 

「アナライズ」による高火力かつ、「進化の輝石」による耐久を確保しつつ、対面操作できる強ポケとして採用したが、予想してなかった「Aガラガラ」に隙を見せがちだったのが、自分の構築力として最悪だった。単体で見れば、非常に高いスペックを持っていたと思う。「守る」はダイマ枯らし目的で入れた。


f:id:takeshi3304:20220213223326p:plainシザリガー@気合の襷

特性-適応力

性格-意地っ張り

実数値(努)-139(4)-189(252)-105()-x-75()-107(252)

技構成-アクアジェット クラブハンマー 叩き落とす 竜の舞

 

激よわ。思った以上に弱かった。

 

#感想

 

構築の軸である、「弱点保険アーマーガア」自体は非常に良かったのだが、このポケモンが確実に隙を見せる、「Aガラガラ」、「アーマーガア」に対して、構築単位で解答が出せていなかったのが痛すぎたのと、ポケモンにおいて、一貫を切りながら構築を組むというのは基本なのだが、随分と偏った構築になってしまっていた。2度とこんな構築を組まないようにしたい。とはいえ、構築の割に、勝率は悪くなかったのは良かった、かもしれない。

 

主催者さん、対戦していただいた方々、ありがとうございました~。

「単タイプ最強決定戦」最終1位

f:id:takeshi3304:20220206201010j:plain

 

#仲間大会.「単タイプ最強決定戦」

 

#最終順位

1位/20人

 

#ルール

・単タイプのみの使用

・準伝説は1匹のみ

 

#考察

tier1[ゴリランダー、レジエレキ、カバルドンポリゴン2]

 

#構築意図

・tier1予想のポケモンに対して、後投げが数回できるポケモンを軸に負荷をかけていく

・後手に回らない

 

#採用順

1. 「ゴリランダー」に強く、後投げから負荷をかけられる「鉢巻ウインディ

2. 特に物理方面のクッションになれ、対面操作技の「クイックターン」から高火力ポケモンを安全に着地させられる、さらには「カバルドン」の欠伸展開を阻害できる「火炎玉ミロカロス

3. 「カバルドン」牽制、高火力の先制技で単純にパワーのある「奇跡の種ゴリランダー」

4. 「レジエレキ」「レジドラゴ」等高火力技をもつポケモン等に対して、一貫を切りつつ有利対面で確実に負荷をかけていける「カバルドン」「珠ピクシー」

5. 特殊受けが欲しかった、かつ、「ポリゴン2」に対して強く出れる、「アシッドボム」採用の「突撃チョッキヌメルゴン

で完成

 

#個体紹介

 

f:id:takeshi3304:20210302040944p:plainウインディ@拘り鉢巻

特性-威嚇

性格-陽気

実数値(努)-165()-162(252)-100()-x-100(4)-161(252)

技構成-フレアドライブ じゃれつく インファイト 神速

 

ウインディは、攻撃種族値こそ高くないが、「フレアドライブ」の技の威力が高いので、十分に火力を出していけるポイントが強かった。また、この環境での素早さ種族値95は、申し分なく、技範囲も広いので非常に扱いやすかった。基本数値も高く、特性も優秀。この環境では「でんせつポケモン」にふさわしい強さだった。メインウェポンの「フレアドライブ」に加えて、削り残した相手や、一応「ダイアタック」でS操作も可能な「神速」、タイプ不一致ではあるものの、高火力で通りも良く、「ダイナックル」で詰めも行える点が非常に強かった。あとは流用個体の影響で「じゃれつく」だったが、「ワイルドボルト」の方が良かった。「ワイルドボルト」にすればもっとイージーウィンが拾えたはず。ほぼ選出した。

 

f:id:takeshi3304:20220206201531p:plainミロカロス@火炎玉

特性-不思議な鱗

性格-呑気

実数値(努)-201(244)-80()-144(252)-120()-147(12)-81()

技構成-クイックターン 冷凍ビーム 黒い霧 自己再生

 

「ゴリランダー」が多かったのも影響はあるが、想像以上に「カバルドン」が少なかったため、選出の機会が少なかった。なるべく後攻で「クイックターン」を打ちたい、かつ「準速ブリザポス」を意識して、なんとなくこの素早さにしていたが、「ブリザポス」は全くいなかった。そのため、「ブリザポス」意識の「黒い霧」

も一度も打たなかった。

 

f:id:takeshi3304:20210201214618p:plainゴリランダー@奇跡の種

特性-グラスメイカ

性格-意地っ張り

実数値(努)-193(140)-194(252)-115(36)-x-91(4)-115(76)

技構成-グラススライダー 叩き落とす 蜻蛉帰り 剣の舞

 

とりあえず負荷をかけれる、かつこのポケモン自体での崩しはそこまで考えておらず、飽くまで「グラススライダー」によるスイープと、「叩き落とす」、「蜻蛉帰り」によるサイクル補助を考えていたので、上記のような技構成になったが、あまり選出していなかった。

 

f:id:takeshi3304:20211202180631p:plainカバルドン@食べ残し

特性-砂起こし

性格-腕白

実数値(努)-215(252)-132()-187(252)-x-x93()-67()

技構成-地震 欠伸 ステルスロック 吠える

 

数値が落ちるこの環境で、このポケモンが活躍しないわけはないと思っていたが、想像以上に使われていなかった。このポケモンが重すぎるあまり、強引に倒して眠らせてくる相手が多かったので、それを「ウインディ」の起点にして破壊することができた。シンプルな動きにして非常に強い「欠伸ステロ」は、本来はプレイングが求められるが、この環境では割と適当にやっても強かった。


f:id:takeshi3304:20220206201513p:plainピクシー@命の珠

特性-マジックガード

性格-控えめ

実数値(努)-191(164)-x-93()-161(252)-110()-92(92)

技構成-ムーンフォース 火炎放射 ソーラービーム ステルスロック

 

初手ダイマしないと弱い類のポケモンは好きじゃないのだが、ドラゴンの一貫を切りつつ、負荷をかけやすいポケモンは「珠ピクシー」が最適な気がしたので採用。

ただ飽くまで画面上での一貫切りが多く、一度しか選出しなかったが、その一回は見事に初手ダイマで崩してくれた。


f:id:takeshi3304:20220206201522p:plainヌメルゴン@突撃チョッキ

特性-ぬめぬめ

性格-控えめ

実数値(努)-191(204)-x-90-176(236)-170()-109(68)

技構成-竜の波動 火炎放射 10万ボルト アシッドボム

 

広い技範囲、そこそこの素早さ、圧倒的な特殊耐久から、採用。この環境ではこいつを止められるポケモンが少なく、後投げしてきた「ポリゴン2」を余裕を持って返り討ちにできる最強ポケモン。サイクルにおいて非常に重要な「一貫を作る」という行為を、簡単にこのポケモンで遂行できた。単タイプ統一の中ではスペックが高すぎるポケモン

 

#感想

とにかく「鉢巻ウインディ」「チョッキヌメルゴン」「カバルドン」が強かった。自分の目標とする、「数回のサイクルで崩し切る攻めサイクル」という理想構築にとても近い構築だった。安定行動が多く、無理な読みがなく勝利を重ねていけたと思う。

 

主催者さん、対戦していただいた方々、ありがとうございました~。

{swsh s24} ホウオウ過労死構築~メタモンを添えて~

[結果]

 

tnほしがい 最終583位(レート1840)

 

f:id:takeshi3304:20211202180311p:plain

 

[構築コンセプト]

 

・各禁伝軸に対して、処理ルートを複数用意する

・最低限のサイクルで受けから攻めに転じる

・安直に初手ダイマを切らず、後発ダイマを通す狙いを一貫させる

 

 

[採用順]

 

f:id:takeshi3304:20211202180615p:plainf:id:takeshi3304:20211202180622p:plainf:id:takeshi3304:20211202180627p:plainf:id:takeshi3304:20211202180631p:plainf:id:takeshi3304:20211202180646p:plainf:id:takeshi3304:20211202180654j:plain

 

 

[構築経緯]

 

HAに振った「ホウオウ」が、タイプ一致ダイジェットを使える。瞬間火力がある。特性の「再生力」も合わさって特殊方面に滅法強いため、数回程度のサイクルには組み込めそうである。ダイマを考慮に入れれば対面性能も高く処理できる範囲が広い。などの点から禁伝の軸として組み始めた。「ホウオウ」と相性補完が素晴らしい「ナットレイ」、天敵の「カイオーガ」に対して「ハピナス」、バトン構築や積み展開に対して、地面枠も兼ねて「カバルドン」、有象無象の禁伝ポケモンのほとんどに対して切り返していける「メタモン」、受けるのが厳しいポケモンに対して抗っていける「ウーラオス悪」。

 

 

 [個体紹介]

 

f:id:takeshi3304:20211202180615p:plainホウオウ@命の珠

性格-意地っ張り

特性-再生力

実数値-181()-200(252)-110()-x-175(4)-142(252)

技構成-聖なる炎 ブレイブバード 地震 自己再生

 

禁伝枠。最初はH振りを採用していたが、耐久を確保するよりも抜ける範囲を増やすことの方が勝率に繋がると感じたため、調整を変えた。結果勝率を伸ばすことが出来た。岩技には滅法弱いが、その他は非常に素晴らしいスペックをしていた。基本的な珠アタッカーとしての動きに加え、「再生力+特珠種族値+自己再生」を活かして特殊方面のダイマ枯らし、「先発ダイマのダイジェット+自己再生」によるダイマ枯らしなども可能であり、立ち回りに柔軟性があり楽しいポケモンだった。「聖なる炎+ブレイブバード+自己再生」は確定とし、「地震」と「ギガドレイン」で意見が分かれるが、どっちでも良い気がした。ほとんど打たない。珠ホウオウを使う上で重要なのが、ステロ展開への対応と、サンダー、カイオーガ、霊獣ランドロスへの対応である。ステロ展開は、後述するウーラオス悪に「挑発」を採用することで牽制、サンダー等は、後述するカバルドンの「ステルスロック」を絡めたり、ダイマを往なすことで対応した。

 

 

f:id:takeshi3304:20211202180622p:plainナットレイ@食べ残し

性格-呑気

特性-鉄の棘

実数値-181(252)-114()-201(252)-x-137(4)-22()

技構成-ジャイロボール 叩き落とす 宿木の種 電磁波

 

ホウオウの苦手なウーラオス水、ウオノラゴンへの受け、「宿木の種」によるサイクル補助、「電磁波」によりホウオウの縛れる範囲を増やすなど、確実に役割を遂行してくれた。また、ホウオウは「ワイルドボルト」採用のザシアンに不利をとってしまうが、ナットレイを受け出し、「電磁波」を採用することによりホウオウで縛る、というプランが立てられるのは素晴らしかった。「叩き落とす」はほとんど撃たず、構築的にカプレヒレが少し重いので、草技を入れるべきだったと思う。

 

 

f:id:takeshi3304:20211202180627p:plainハピナス@万能傘

性格-穏やか

特性-自然回復

実数値-338(60)-x-62(252)-95()-198(196)-75()

技構成-火炎放射 瞑想 卵産み 電磁波

 

HD-C特化眼鏡カイオーガの潮吹き確定3発

 

カイオーガ含む特殊全般受け。カイオーガを受けたあと、ナットレイドリュウズに負荷をかける「火炎放射」、裏のポケモンに「電磁波」を入れて、ホウオウで縛る範囲を広げる。

サンダーにはボルトチェンジで逃げられ不利対面を作られてしまうので、選出の幅が狭かった。環境に蔓延る「スカーフカイオーガ」はもちろん、「眼鏡カイオーガ」、「チョッキカイオーガ」、「瞑想カイオーガ」等、全てのカイオーガに対応できるのは素晴らしかった。

 

 

f:id:takeshi3304:20211202180631p:plainカバルドン@オボンの実

性格-腕白

特性-砂起こし

実数値-215(252)-132()-187(252)-x-93(4)-67()

技構成-地震 欠伸 吠える ステルスロック

 

ホウオウの後発ダイマを通すための「欠伸+ステロ」、積み展開や日ネクなどを流す「吠える」の基本的な技構成のカバルドン。シンプルにして非常に強かった。

 

 

f:id:takeshi3304:20211202180646p:plainメタモン@拘りスカーフ

性格-x

特性-変わり者

実数値-155(252)-x-x-x-x-x

技構成-変身

 

最強スカーフ枠。どの禁伝に対しても切り返し役になれるし、HPが1でもあれば役割が遂行できるので、基本的に1回くらいは受け出しできるのも強かった。毛嫌いして使わずにいたが、この環境ではスカーフ枠はこいつが適任だと悟った。スイープ役、切り返し役、最低限の受け出し、技構成の確認による立ち回りのプラン立てへの貢献など、意外とやれることが多く、練度を上げていけばこのポケモンは相当強く使えるのではないかと思う。たまにある運ゲ局面が生じてしまうのは力量不足。

 

 

 

f:id:takeshi3304:20211202180654j:plainウーラオス悪@気合の襷

性格-陽気

特性-不可視の拳

実数値-175()-182(252)-121(4)-x-80()-163(252)

技構成-暗黒強打 インファイト 不意打ち 挑発

 

襷をもたせることによるストッパー役。先述したが、「挑発」を採用することにより、ステロ展開を阻害して、ホウオウの制圧力を高めることもできる。ずっと使ってこなかったが、単体性能が非常に高いことを再認識した。

 

 

[総括]

 

今までは受けよりの構築で、攻めに転じるには速さが足りない構築でしたが、今回は、「対面寄り攻めサイクル」といった感じで、最低限のサイクル+臨機応変に対面選出、という自分の理想の構築の近づけたと思うので、構築に関してはそこそこ自分の中では得るものがありました。とはいえ、使用率の高い、かプレヒレや霊獣ランドロスといったポケモンが構築単位として重いので、そこに対する明確な解答を用意することができれば良かったです。